忍者ブログ

視力回復8週間徹底プログラム 効果・レビュー

視力回復8週間徹底プログラムを紹介しているサイトです。

カテゴリー「視力回復8週間徹底プログラム」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

視力回復8週間徹底プログラム 特典付き

視力回復8週間徹底プログラム


視力回復8週間徹底プログラム 


当サイトより購入頂いた方に下記の5大特典特典を差し上げます!!
視力回復8週間徹底プログラムの特典はこちら




視力が悪くなって以来、ずっとメガネやコンタクトを使っている。
わたしもそんな一人でした。

朝起きたらまずはメガネをかける、もしくは顔を洗って服を着替え、出かける準備をして必ずコンタクトをつける。どんなに忙しい朝でもかならず出かける前にこういったことをしていました。

たまに忘れたりしたら大変です。

少し離れた人の顔も見え無くて、仕事もやる気がでません。少し離れた所から、挨拶をしてくれた人を気づか無くて無視してしまったり、自分の目つきが悪いんじゃないかと気になったり・・。


それにコンタクトは長時間つけていると目が乾燥するし、つけたままウトウトしてしまったら、そのあと目が痛くなってテンションも下がります・・。

旅行や外泊で自宅を離れるときは必ず専用の保存液やケース等、持っていくのが面倒です。

寝る前にわざわざ外して専用のクリーニング液につけたりと、疲れているときでも必ずしなければいけません。正直ウンザリします。


自分のまわりの目のいい人をうらやましく思っていましたが、自分の両親も目が悪いし、遺伝だから仕方がないだろうとあきらめていました・・・

 

実は、問題はここにありました。

 

メガネやコンタクトはわたしたちのような目の悪い人間には必要です。
無いとものが見えませんし、仕事や勉強だけじゃなくちょっと出かけるのにもかかせません。

ほんの5m先もぼやけて見えますし、安心して出歩くことも出来ません。そんな状態で人と会ってもなんだか落ち着きませんし、とても不安に感じます。


わたしたちは朝目覚めてから殆ど一日中メガネやコンタクトをつけています。これはもうある意味自分の体の一部です。
メガネ・コンタクト依存症候群です・・。

日常生活に欠かせない、無いと困る、何も出来ない。これは立派な依存です。実はこの'起きている間中ずっと依存している状態'これが貴方の視力を下げ続けている原因のひとつです。

 

メガネ・コンタクト依存症候群

 

貴方がメガネ無しで少し離れたものを見るときどうしますか?きっと'目を細める'と思います。

そのせいで目つきが悪くなるといわれますが、少しだけはっきりと見えるように感じます。これは貴方の目の近くにある筋肉を自分で調節してモノを見ようとする正常な動作です。


目は近くのものを見るときと、遠くのときを見るときで目の筋肉を調節して焦点をあわせます。所が視力が落ちてくると、目のまわりの筋肉を調節して焦点を合わせるのがむずかしくなってきます。PCや読書等で近くを見つづける生活をしていると、どうしても遠くより近くを見ている時間のほうが長くなってしまいます。

テレビでアフリカのサバンナ等にいる原住民の人たちの、目のよさを紹介している情報をみたことがあると思います。彼らは獲物を捕まえるために広がる景色を遠くまで見つめる必要があります。

テレビ等を見る習慣もなく、一日のうち遠くを見ている時間はわたしたち日本人と比べてはるかに長くなります。わたしたち日本に住む生活とはかなり違います。ある意味、わたしたちの視力が落ちてしまうのは、現代の生活に適応した状態とも言えるのです。


普段からPCや雑誌、テレビ等を見ているわたしたちは視力が下がってきたらメガネやコンタクトを使います。そうすれば目を細めたりする事なくきちんとモノが見えるようになります。毎日そんな状態を続けていると、貴方の目は筋肉を使うのをやめてしまいます。自分で焦点を合わせる能力がドンドン落ちていってしまうのです。


勿論、メガネを外して目を細めればいい、何て単純な話では御座いません。

しかし、一旦悪くなり始めた視力が、放っておいても一向によくならないのはこういった理由があるからなのです。

 


貴方の視力を回復させることが可能な
               4つの方法

 


じゃあ、落ちてしまった視力を回復させるにはどうすればいいのでしょう?
幾つかの選択肢があると思います。順番に見ていきましょう。

 

1.レーシック

まず真っ先に思いつくのがレーシック手術だと思います。
これはレーザーを使って貴方の角膜を物理的に削ってしまい、正常な焦点距離を得るというものです。

実際に施術するクリニックによって技術の差等があるといわれていますが、失敗した等の情報は余り聞かれません。

ただ、手術なので失敗がゼロかというと、そうは言い切れません。そしてレーシックによって一旦は良くなっても、数年後貴方の生活習慣に合わせてまた視力が下がらないとの保証は御座いません。


スペインでレーシックを受けた複数の患者を対象に行われた興味深い報告があります。

レーザー手術を受けた患者は皆術後視力が回復し、普段の生活を不自由なく過ごせるようになりました。しかし、患者たちを10年間追いかけた報告によると、10年以内に再度のレーザー手術を必要とした患者は全体の27%にも達したとのことです。これは手術を受けた患者全体の約3分の1にも及びます。

そういったリスクのほかに料金面でも安くは御座いません。確実な施術をして貰うためにきちんとしたクリニックを探す必要もあります。

 

2.Intacs(インタックス)

まだ余り日本では有名では無い最近の手術です(1999年に米国FDAにて承認)。小さなコンタクトレンズのようなリングを手術で角膜に埋め込んで、角膜の形を矯正してしまうという技術です。

ポリマー素材でできたリングはコンタクトレンズの素材に似たようなものが多いようです。術後の結果に満足いかなかった場合、そのリングを除去する事も、場合によっては可能だと言う事ですね。


これも比較的安全と言われていますが、最近の技術なので、勿論長期の術後経過はとれていません。強度の近視の方等には効果が弱かったり、まだ余り一般的な技術では無いので施術してくれる所が少なかったりする問題があります。コストに関しては一般的にレーシックより高額になるようです。

 

3.オルソケラトロジー

寝ている間に目に特殊なコンタクトを装着して、角膜の形を矯正するものです。
上記の手術等に比べて危険度等のリスクは一番低いといわれています。

特殊コンタクトは寝ている間だけ付けておき、朝目覚めたらはずしても10時間程度は矯正された状態を維持出来るといわれています。


リスクが少ない分、持続効果はそんなに長くはなく、夕方から夜にはもとの状態に戻るのでメガネは常に携帯しておく人も多いようです。料金面に関しては、結構高額な部類に入ります。

 

4.視力回復トレーニング

モノを見るときに使う目のまわりの筋肉をトレーニングして見る能力を上げる技術です。

筋肉を鍛えるだけでなく、視力を下げる原因のひとつである目にかかってくるストレスを上手く解放してやることで、視力を回復し、メガネやコンタクトが必要無くなる方が数多くいます。

基本的に特殊な器具等使うことは少ないので、目についてのリスクは一番少ない内容になります。目の良い状態を作り出して維持する為に、サプリメントやハーブ等を併用する方法等もあります。


有名な所では、視力回復クリニック等そういったトレーニングを専門で行っている所があります。専門のスタッフがいて、トレーニングの方法について教えてくれます。昔からある実績のあるクリニックでは、視力回復に関して非常に高い効果をだしています。

料金面についてはクリニックによって違いますが、きちんとした効果を実証しているクリニックは一般的な眼科等の受診に比べてかなり高額な料金になる所が多いようです。継続的に掛かってくる料金面以外に、自宅から通いつづけることがつらくなって途中で辞めてしまう方も多いようです。





 

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法 原式視力回復法『ブリージング・アイ』 徳永式3日間で視力回復!1.5視力回復プログラム 深津式5分間視力回復改善プログラム 視力回復 子供のためのゲームソフト「パーフェクトアイ」 軽部式3分間眼精疲労改善術 乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ 視力回復 遊びながらのトレーニングで回復した視力を安定させる方法
PR
  

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

アーカイブ

Copyright ©  -- 視力回復8週間徹底プログラム 効果・レビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]